自在能力開発研究所

教育事業
聡生館[個別指導専門塾]

武蔵村山校 Q&A

先ずはQ&Aをお読み頂き、聡生館 武蔵村山校をご理解頂ければ幸いです。

Q.教育水準の高い小金井市にある小金井本校と武蔵村山校の関係はどうですか。

A.
小金井本校と武蔵村山校は可能な限り連携して、小金井本校で培った多くの経験を武蔵村山校での指導に生かせることを常々考えております。特に、偏差値60以上の高校進学を希望する生徒さんは20年以上の受験指導に携わってきた小金井本校の受験対策テキスト等を参考に、受験生、一人一人に適したカリキュラムを小金井本校、代表の工博、乙幡が作成し、それに従って学習を進めていきます。中学受験生、大学受験生の場合は偏差値に関係なく、乙幡の学習プログラムに従って受験勉強を進めていきます。
また、武蔵村山校の生徒さんは、受験校の偏差値などには関係なく、必要に応じてスカイプを介して小金井本校の代表、乙幡の学習指導や進路関係の面接等を行います。

Q.この塾は進学塾ですかそれとも補習塾ですか。

A.
聡生館は小金井本校もまた武藏村山校も同じですが、進学塾でもあり補習塾でもあります。具体的には学力のある生徒さんにはより高い学力が身に付くように、また、学校の勉強に対して自信をなくしてしまった生徒さんには少しでも自信を取り戻してもらい、さらなる学力を付けることを目的とした塾です。
特に、武蔵村山校では、中学生の場合、偏差値30代であってもそこからの都立校進学(私学を含む)を目標とします。尚、学習習慣に乏しい生徒さんの場合は、通塾頻度を多くして頂き、短時間の勉強であっても学習習慣を身に付けて頂くように指導していくことも大きな役割の一つと考えております。特に、この点につきましては小学校低学年から通塾頻度を高くして通って頂くことが効果的です。

Q.パソコンによる授業のメリットはなんですか。

A.
基礎力が不足している生徒さんには、学力相応の課題を自らのペースで確実に消化していけるところにパソコンを活用した学習のメリットがあります。また、わからない点は何度でも反復学習ができます。こうした反復は特に定期試験対策、受験対策には効果的です。
基礎力が不十分な生徒さんの場合、視覚からの情報取得が聴覚からの情報取得よりも優位であるような場合があります。そうした生徒さんの場合、テキストだけの学習では十分な理解や学習への集中力を持続することが難しくなってきます。その際、テキスト学習の途中でパソコンによる学習へ移行することは集中力を切らさずに効率よく学習を進めていくための優れた学習法の一つとなります。

Q.このシステムでどのぐらいの学習効果がありますか。

A.
学習の進度は学力相応ということになりますので、中学1年生であってもが学力があれ早々に2年生の勉強へと進むことができます。従って塾側で学年相応に用意されたものを学習しているというより、能力別のクラス分けの中で授業を受けているという学習形態が確立できます。この点を考えますと十分な学習効果があるといえます。
一方、学力の不足な生徒さんには、わからないところへ戻った学習と現行の学習を並行して進めることが容易にできますので、間違いなく基礎力がアップします。

Q.学びホーダイとありますがこれは具体的にはどのようなシステムですか。

A.
学びホーダイといっても部活等や他の習い事を考慮して月曜日から土曜日の中で通塾する基準日を入会時に設定して頂きます。(基準日の学習時間は小学生の学びホーダイコースで小1~小3は基準時間を1時間、小4~小6年生は1.5時間、中学受験の小4~小6生は2時間、中高生は学年に関係なく2時間とします。但し、入室時間が遅れてしまった場合には、基準時間未満であっても結構です。)基準日以外に通塾を希望される場合は当日でも結構ですので、ご連絡の上、通塾して下さい。

Q.学校の宿題や提出物などは学習することができますか。

A.
基本的には定期試験、受験勉強を中心に組み立てていますので、学校の宿題の持ち込み不可としますが、塾で学習したい場合は、決められた学習時間内に終えるか、いつもより早めに通塾して授業開始前に宿題をして下さい。 宿題で分からないところがある場合は質問してください。

Q.定期試験対策はどうなりますか。

A.
中学生の定期試験対策の塾内での学習は、生徒さんによって開始時期が異なりますが、基本、一律に1カ月前から試験対策を行います。定期試験の該当月は学びホーダイ受講科目以外の科目につきましても定期試験対策をする必要がありますので、主に英数国理社の5科目までを対象に、学校からのワークの勉強やその他、関連するプリントを塾で用意してテスト対策を行うことができます。また、この1ヵ月間につきましては月~土まで、毎回の授業時間が3時間となります。また、通常はお休みにしております祝日と5回目の曜日(1ヵ月で5回目となる曜日は通常はお休みです。)も試験前、または、試験中であれば、通常通りに授業を行います。
尚、定期試験該当月についてのみお月謝に加算分がありますので、ご確認をお願いいたします。

Q.進路指導などはどうしていますか。

A.
経験豊富な代表の乙幡と武蔵村山校の教室室長、鈴木が責任を持って行います。進路指導はご家庭の方からのご要望がある場合には随時お受けしております。

Q.学期ごとの面談などはありますか。

A.
学期ごとに、保護者の方とは面談を行い、家庭での様子、今後の学習計画等についてお話させて頂きます。

以上のQ&A以外でご不明の点がございましたらお手数ですが、
お電話、メールなどで下記より直接、お問合せ下さい。

お問い合わせ・お申し込みは

武蔵村山校直通
042-843-9737

お問い合わせ・お申し込みは

武蔵村山校直通
042-843-9737