自在能力開発研究所

教育事業
プログラミング教室
  • HOME
  • プログラミング教室

プログラミング教室募集要項&授業内容

講座名:はじめてのプログラミング(Scratch)

プログラミングの入門講座として、
「5,6歳対象のスクラッチJrコース」
「はじめてのプログラミング」の上級コースである
「プログラミングドリルコース」があります。

ここでは代表的な「はじめてのプログラミングコース」を対象に講座内容を以下に紹介致します。

1.募集要項

月2回、(1回60分の授業)、1年間で終了
クラスの定員(目安):6名/1講師
対象学年:小学校2年生~小学校6年生

受講料 月額 5,500円(テキスト代等含む)
但し、聡生館ロボット教室へ通う生徒さんの場合は4,500円

聡生館小金井本校

受講日 毎月曜日、①4時30分~5時30分 ②5時45分~6時45分
第2、第4 日曜日 午後5時45分~午後6時45分
第2、第4 土曜日 午後4時15分~午後5時15分

第1~第4月曜日の中から2回、月曜日を選択して頂き、上記の①ないしは②の時間で受講して下さい。
または、第2、第4土曜日、日曜日と月曜日を組み合わせて月2回の受講でも結構です。
※お休みの場合の振替授業は可能です。

聡生館武蔵村山校

受講日 毎土曜日、①4時45分~5時45分

第1~第4土曜日の中から2回、土曜日を選択して頂き、受講して下さい。
※お休みの場合の振替授業は可能です。

無料体験受講は授業予定日であれば随時お受けしております。

無料体験受講(1時間程度)のお申し込み
お電話にて体験希望日の2日前までにお申し込み下さい。体験日当日は保護者の方の同伴をお願いしております。 体験のお申し込み、お問合せは聡生館へお電話にてお願い致します。
聡生館プログラミング教室
  • 042-381-2894
  • (10時~20時、土日祝日も受付可)

2.授業内容

ビジュアルプログラミング言語を使った学習

小学3年生から中学生ぐらいを主なターゲットとして、世界で一番利用されている教育用ビジュアルプログラミング言語
「Scratch」を使ってプログラミング学習を行います。

Scratchとは

マサチューセッツ工科大学のメディアラボで開発されたビジュアルプログラミング言語。 世界中で730万人以上のユーザー (※2015年8月現在) がおり、小中学生向けプログラミング教育ツールのデファクトスタンダードとなっています。
Scratchにはダウンロード版(Scratch1.4)とオンライン版(Scratch2.0)があり、いずれも無料で利用することができます。オンライン版は作成したプログラムを共有する機能もついており、コミュニティも充実しています。

1年間の授業カリキュラム
(1回60分-月2回の授業)

「はじめてのプログラミング」
での学習内容

ホップ
(初月~4カ月)

学習目標:基本動作を習得

  • ・スクラッチの基本的な使い方を覚えよう
  • ・キー操作でキャラクターを動かそう
  • ・キャラクターの進行方向を制御しよう
  • ・途中で現れたり消えたりするキャラクターをつくろう
ステップ
(5カ月~8カ月)

学習目標:動作の幅を増やす

  • ・得点を計算しよう
  • ・2つのキャラクターの動きを連動させよう
  • ・音楽ブロックで曲を作ろう
  • ・ランダムな動きを作ってみよう(乱数を学ぶ)
ジャンプ
(9カ月~12カ月)

学習目標:複雑な動きをマスター

  • ・ 色々なタイミングでスクリプトをスタートさせよう
  • ・スクラッチで製図してみよう
  • ・プレイヤーに答えを入力させよう
  • ・似たような情報を持つ変数をまとめよう

お問い合わせ・お申し込みは

お電話でのお問い合わせは
042-381-2894