自在能力開発研究所

自在能力開発研究所BLOG
自在能力開発研究所ホームページへ
小金井市 学習塾・「個別指導の聡生館」
2017/12/23
【脳心理学 バイオリズムについて】

「小金井市&武蔵村山市の学習塾・個別指導の聡生館」
聡生館武蔵村山校・小金井本校・無料体験受講随時可!
「ブロードバンド予備校聡生館校」設置、小~高大・社会人     通塾不要のスカイプ受講も可! 自習室完備!

 

【脳心理学 バイオリズムについて】

 一日ごとの生活リズムは「サーカディアンリズム(日周リズム)」と呼ばれ、これは脳の「視交差上核」でコントロールされています。

 もちろん、朝方人間・夜型人間など、人それぞれに言い分はあるでしょうが、サーカディアンリズム学によれば、一般に記憶力はホルモンの関係から、朝から午前中にかけてもっとも高くなることがわかっています。
したがって、効率よく勉強するためには、午前中をいかにうまく活用するかが肝要なのです。

 一方、ふだんから真夜中に勉強するのが習慣となっている人は、テストのたびに昼型に変えなければなりません。
できれば昼間に勉強したいですね。

 ところで、バイオリズムには、一日単位だけではなく、一週間単位、月単位、年単位などさまざまなものがあります。

 ちなみに、一週間単位のリズムと言えば、学習効率が高まるのは金曜日と土曜日であると報告されています。
「金曜日効果」と呼ばれる現象です。
理由はまだ科学では解明されていませんが、いずれにしても、週末は遊ばずに勉強するのがよいでしょう。

『最新脳科学が教える高校生の勉強法』より抜粋
(池谷裕二 著)
(945円 東進ブックス)

お問い合わせ・お申し込みは

お電話でのお問い合わせは
042-381-2894