自在能力開発研究所

自在研について
自在研とは

ナポレオンヒル

1.ナポレオンヒルプログラム誕生の秘話

1908年、当時25歳のナポレオンヒルは、大学の学費を稼ぐために新聞記者のアルバイトをしていました。鉄鋼王として君臨していたアンドリュー・カーネギーにインタビューする機会を得ました。そのときカーネギーは、「どうして自分は成功することができたのか」について、三日三晩に渡って話をしました。その話を終わると最後に次のような提案をナポレオンヒルに持ちかけました。
「すでに私の培った成功の秘訣を君に伝えたが、この私の秘訣を裏付けるために、さらに万人に共通した成功の哲学を発見する事業を引き受けるつもりはないかね。それは今後20年間におよぶであろうが、金銭的援助は一切無しでだ。ただ世界的に傑出した多くの成功者を君に紹介する。答えはイエスかノーでよい」 。
大学の学費を稼ぐために新聞記者のアルバイトをしていたナポレオンヒルにとって、金銭的な援助がない状態でカーネギーの提案を受けるということは、法律家になるという夢をあきらめるということになります。ナポレオンヒルにとっては、一大決心でした。そんな一大決心に関わらずナポレオンヒルは、29秒で決断してしまいます。
カーネギーの志を受けてヒルが着手した事業は、20年の歳月と、500余名の著名な成功者たちの協力を得て、1928年、『ナポレオン・ヒル・プログラムR』という形で完成しました。また、カーネギーは願望を実現するための教訓としてナポレオンヒルに次の6カ条を伝えました。

  • あなたが実現したい願望を「はっきり」させる。単にお金がたくさん欲しい、
    幸せになりたい等という漠然とした願望では全く無意味である。
  • 実現したいと望むものを得る代わりに、何を「差し出す」のかを決めること。
    この世界には、代償を必要としない報酬など存在しない。
  • 実現したい願望を取得する「最終期限」を決めること。
  • 願望実現のための詳細な計画を立てること。
    そしてまだその準備ができていなくとも、迷わずすぐ行動に移すこと。
  • 実現したい具体的願望、そのための代償、最終期限、そして詳細な計画、
    以上の4点を紙に詳しく書くこと。

2.ナポレオンヒル博士の成功の哲学を学ぶために

ナポレオンヒル博士の成功の哲学を学ぶためには、単純で重要な真理を知ることが必要ですその重要な真理とは、「あらゆるものは考えることからはじまる」ということです。

「成功できる」と考えないと成功することはありません。
成功すると心から思えないことは、成功することはありません。

つまり、ナポレオンヒル博士の成功哲学の真理は、「積極的な心構えが、あらゆる富を生み出す」ということです。
ナポレオンヒル博士は、富を得るための13の原理としてまとめ、ナポレオンヒルプログラムの導入編として開発しました。

お問い合わせ・お申し込みは

お電話でのお問い合わせは
042-381-2894