自在能力開発研究所

自在研について
自在研とは

ジェームズアレン

成功哲学の祖

「私たちは、自分が考えたとおりの人間になる」
「思考は現実化する」

現代成功哲学の祖として知られる、ナポレオン・ヒル、デール・カーネギー、アール・ナイチンゲールらを筆頭に、近来欧米で人気を得てきた自己啓発書作家たちのほとんどが彼ら自身の哲学の最大の柱としているアイデアである。
言うまでもないが、このアイデアを生み出したのは彼らではない。おそらくこれは、人類がこの世に現れ、人生というものを考え始めた頃から、延々と存在してきたアイデアに違いない。事実、仏陀も、「私たちの今の人生は、私たちがこれまでに考えてきたことの結果である」と語り、イエスも「人は密かに考え、そのとおりの者となる」と語っている。
当然のごとく、右の作家たちの中には、自身の哲学の柱を補強すべく、イエスや仏陀の言葉を引用している人達が少なくない。しかしながら、驚いたことに、彼らが、同じ目的で、もっと頻雑に引用している哲学者がいるのである。
ジェームズアレン(1864~1912)がその人だ。日本ではまだ知名度が低いが、聖書に次ぐベストセラーとまで言われている本の作家として、欧米では広く知られている人物である。
彼は、その本『AS A MAN Thinketh』の中で、古来の複雑な人生哲学、神学、形而上学などの余分な部分をすべてそぎ落とし、宇宙の法則と心のパワーに焦点を当てた、極めてわかりやすい哲学を展開した。そしてそれが、後の時代の自己啓発書作家たちの心をも、しっかりと捕らえたというわけだ。その本は、アレンが1902年に書いたものだが、ほぼ一世紀を経た今でも、世界中で着実に読者を増やし続けている。
そしてその驚異的なロングセラーが、日本でも遅れ馳せながら、一昨年、『考えるヒント・生きるヒント』(ごま書房刊)というタイトルでようやく出版されるに至った。幸運にも私が翻訳を担当させていただいたのだが、そもそもその本(原著)は、十年ほど前のクリスマスに、精神世界に造詣の深い米国のある老婦人から、「落ち込んだりしたときに読んでごらんなさい。すぐに元気になるから。人生なんて、本当はとても単純なものなのよね」という言葉とともに頂戴したものだった。
ちなみに、アレンは他にも18冊の本を書いており、それらもまた、今なお世界中で読者を増やし続けている(そのうちの2冊は、やはりごま書房から『考えるヒント・生きるヒント?』『考えるヒント・生きるヒント?』として出版済み。さらにもう一冊が、今年の一月、『心のなかの自分と語れ』という題で出版されてもいる)。

お問い合わせ・お申し込みは

お電話でのお問い合わせは
042-381-2894